基板設計・開発エンジニアの課題を解決するための専門情報サイト

Menu

用語集 Glossary

パワーインテグリティ

パワーインテグリティ(またはPI)とは、プリント基板の電源ラインにおける電源品質のことを言います。PDN(電源配線ネットワーク)の銅箔が持つ抵抗成分や、配線途中に挿入されている部品の寄生抵抗などが原因でDC電圧降下が発生します。これに加え、デバイスの過渡電流とPDNインピーダンスの積による電圧リプルが発生します。パワーインテグリティを確保するためには、これらの負荷となるデバイスの電源端子での電圧を、如何なる場合にも許容電源電圧範囲内に収めることです。過渡電流は広い周波数成分を持っているため、広帯域でPDNのインピーダンスを低く抑える必要があります。デバイスの電源端子からPDNを見た時のインピーダンスをインプットインピーダンスと言い、パワーインテグリティの指標となっています。また、インプットインピーダンスが超えてはならないインピーダンスのことをターゲットインピーダンスと言います。

用語一覧へ戻る